精華学園高等学校 多治見校

生徒の立場を尊重する、生徒の個性を伸ばす
精華学園高等学校はこんな学校です
入校をお考えの方へ

個々に合わせた「それぞれの教育」を 実現する学校

学校での学びも自分なりの方法で、
そして、自分のペースで進められる。

ひとりひとり置かれた状況が違えば、目的や目標も違います。なぜ、みんな一緒で横並びに学びを進めているのでしょうか。
私たちは、そんな「一律な教育」ではなく、「それぞれの教育」を実現しています。週に1回の登校、午後からの登校、毎日登校…。好きなことをしながら、働きながら、資格を取る…。
この学校は、それができる学校です。あなたに合うのはどれですか?この学校で一緒に考えましょう!

成長期の子どもたちは、起立性調整障害に代表されるよう、心と体が一致せず苦しむケースが見られます。様々な原因が考えられますが、自由登校制を上手に活用することで、改善していく子どもたちがたくさんいます。最初は自分のペースで登校しましょう。
でも、自由登校制は、自由な高校生活を過ごすことではありません。具体的な目的を持って、時間を過ごすことによって、次のステージで活躍できる子どもを育てます。
1年生では、自分の心と体を理解し受け入れることから始めます。その上で、登校できる日、休むべき日を自分で理解して行動に移します。(自分への理解)
2年生では、学校の雰囲気に慣れ、友達もできる時期です。自分の選択で学校行事に積極的に参加して、学校を楽しむ時間を過ごします。(個人から集団への対応)
3年生では、自分の目標に向けて、その目標を達成するために「自由登校制」をどのように活用すべきか一緒に考え、行動していきます。(社会への対応)

最新ICT教育タブレットを導入しています。タブレット学習では生徒全員がインターネットとタブレット端末を使用して様々な教科の学習を自分のペースで進めることが出来ます。時間や場所を選ばず、自由な学習が可能です。

レポート学習:授業で使うテキストをタブレットがあればいつでも確認できます。また、細かな文字も書ける手書き対応タブレットなのでオンラインでの解答や提出、先生からの解答の確認がスマートに行えます。

メディア学習:タブレットでは動画や画像を使用したメディア視聴が可能です。様々な動画コンテンツにタブレットからアクセスして学習できます。4800を超えるメディア教材が入っていますので、小学校の復習から大学進学まで学習することができます。

多治見校では、自分の好きなことを伸ばすことを大切にしています。高校卒業に向け必須科目は38単位。残りの36単位で自分の好きを積極的学べる環境が整っています。
大学進学に向けた学習をメインに、看護師になるための学びをメインに、アニメーションの学びをメインに、ドローンの学びをメインに…など、次のステージに向けた学びが高校卒業に反映される仕組みは多治見校の特色です。学びのカタチは、ひとりひとり違います。学校に求めるものも違います。7つのスタイルを上手に活用して「自分の好き!」で高校生活を彩りましょう!

多治見校では、ドローン専科があります。ドローンといっても多種多様。そして、法令も厳しく何もしらずにフライトすることで刑法に触ることもあります。ドローンは、配達、点検、農業、測量、撮影と幅広い分野での活躍が期待されています。
専科では、3年間で法令や技量などを身につけ、プロのドローン技術者を養成するカリキュラムとなっています。
また、国土交通省よる認可を受けた「ドローン講習団体」を併設しておりますので、高校に通いながら資格取得もできます。
小学校、中学校向けに実施している「笑顔プロジェクト」では、専科に属する生徒がパイロットとして活躍もしています。
※フライトには各種資格取得の必要があります。
教 育 目 標

自分で考え決定し、
行動できる生徒を育てる

精華学園高等学校多治見校 校舎長

大井 文高

へいせい義塾館高等学院は、通信制高校サポート校として2012年4月に開校しました。
多様化が進む昨今、私たちの「個々へのきめ細やかな対応」を軸とする教育に、地域の皆様よりご理解、ご支援をいただいて参りました。数多くの卒業生を輩出し、社会、大学等で活躍しています。
開校10年目を迎え、変化する社会で様々な問題に苦しむ子どもたちへ、一人ひとりに合わせた教育を提供したいという考えから、2021年10月「精華学園高等学校多治見校」として生まれ変わります。




学校での学びも自分なりの方法で、
そして、自分のペースで進められる。

ひとりひとり置かれた状況が違えば、目的や目標も違います。なぜ、みんな一緒で横並びに学びを進めているのでしょうか。
私たちは、そんな「一律な教育」ではなく、「それぞれの教育」を実現しています。週に1回の登校、午後からの登校、毎日登校…。好きなことをしながら、働きながら、資格を取る…。
この学校は、それができる学校です。あなたに合うのはどれですか?この学校で一緒に考えましょう!

成長期の子どもたちは、起立性調整障害に代表されるよう、心と体が一致せず苦しむケースが見られます。様々な原因が考えられますが、自由登校制を上手に活用することで、改善していく子どもたちがたくさんいます。最初は自分のペースで登校しましょう。
でも、自由登校制は、自由な高校生活を過ごすことではありません。具体的な目的を持って、時間を過ごすことによって、次のステージで活躍できる子どもを育てます。
1年生では、自分の心と体を理解し受け入れることから始めます。その上で、登校できる日、休むべき日を自分で理解して行動に移します。(自分への理解)
2年生では、学校の雰囲気に慣れ、友達もできる時期です。自分の選択で学校行事に積極的に参加して、学校を楽しむ時間を過ごします。(個人から集団への対応)
3年生では、自分の目標に向けて、その目標を達成するために「自由登校制」をどのように活用すべきか一緒に考え、行動していきます。(社会への対応)

最新ICT教育タブレットを導入しています。タブレット学習では生徒全員がインターネットとタブレット端末を使用して様々な教科の学習を自分のペースで進めることが出来ます。時間や場所を選ばず、自由な学習が可能です。

レポート学習:授業で使うテキストをタブレットがあればいつでも確認できます。また、細かな文字も書ける手書き対応タブレットなのでオンラインでの解答や提出、先生からの解答の確認がスマートに行えます。

メディア学習:タブレットでは動画や画像を使用したメディア視聴が可能です。様々な動画コンテンツにタブレットからアクセスして学習できます。4800を超えるメディア教材が入っていますので、小学校の復習から大学進学まで学習することができます。

多治見校では、自分の好きなことを伸ばすことを大切にしています。高校卒業に向け必須科目は38単位。残りの36単位で自分の好きを積極的学べる環境が整っています。
大学進学に向けた学習をメインに、看護師になるための学びをメインに、アニメーションの学びをメインに、ドローンの学びをメインに…など、次のステージに向けた学びが高校卒業に反映される仕組みは多治見校の特色です。学びのカタチは、ひとりひとり違います。学校に求めるものも違います。7つのスタイルを上手に活用して「自分の好き!」で高校生活を彩りましょう!

多治見校では、ドローン専科があります。ドローンといっても多種多様。そして、法令も厳しく何もしらずにフライトすることで刑法に触ることもあります。ドローンは、配達、点検、農業、測量、撮影と幅広い分野での活躍が期待されています。
専科では、3年間で法令や技量などを身につけ、プロのドローン技術者を養成するカリキュラムとなっています。
また、国土交通省よる認可を受けた「ドローン講習団体」を併設しておりますので、高校に通いながら資格取得もできます。
小学校、中学校向けに実施している「笑顔プロジェクト」では、専科に属する生徒がパイロットとして活躍もしています。
※フライトには各種資格取得の必要があります。

自分で考え決定し、
行動できる生徒を育てる

へいせい義塾館高等学院は、通信制高校サポート校として2012年4月に開校しました。
多様化が進む昨今、私たちの「個々へのきめ細やかな対応」を軸とする教育に、地域の皆様よりご理解、ご支援をいただいて参りました。数多くの卒業生を輩出し、社会、大学等で活躍しています。
開校10年目を迎え、変化する社会で様々な問題に苦しむ子どもたちへ、一人ひとりに合わせた教育を提供したいという考えから、2021年10月「精華学園高等学校多治見校」として生まれ変わります。